歯学系の大学進学目指す人向けに紹介!歯科医の収入の相場とは?

>

自分で歯科医を開業するのもアリだが高収入を得られるのは難しい

収入情報とスタッフから信頼を得るコツ

開業医になれば高収入を得る可能性があり、1,000万円以上得ている歯科医も少なくありません。しかし、建物設立や機器導入にはかなりの金額を要しているので、数年間はその返済に充てなければなりません。

開業医になった後も衛生士や医療事務などスタッフへの教育やサポートも仕事の1つです。歯科治療や接客におけるアドバイスも要りますが、スタッフにも様々な悩みが生じるので、対応できるスキルは要します。また、女性が勤務することが多い職種ですが、男性歯科医は寄り添ったアドバイスを求められます。難しいかもしれませんが、何らかの形でその分野のスキルアップを図りましょう。

信頼を得られると衛生士や医療事務スタッフは自分のサポート役にもなり、仕事の幅が広がることが期待できます。その分、スキルアップや高収入に繋がりやすくなります。

地域や教育機関からの信頼も必要

開業医として仕事をする場合、通院する患者さんの歯科治療だけが仕事ではありません。

仕事の1つにかかりつけ歯科医の制度を設けており、安心安全な歯科医療を地域の皆さんに提供することや医療や介護の幅広い見識が求められます。子どもからお年寄りまで、地域住民が生涯に渡り口腔機能の維持や向上を目指せるようにサポートする役割も行います。地域やその教育現場の中で歯科検診や保健活動を行い、口腔ケアの向上を目指すのも大切な仕事です。教育現場であれば、教員や保育士との関係づくりも要ります。その他、医療や福祉のスタッフと連携を取り、通院困難な患者さんに対し歯科治療や介護を通じた地域包括ケアも行います。

地域に根差した活動をすることで信頼に繋がり、多くの患者さんが利用するようになることが期待できます。


この記事をシェアする

このページのトップへ