歯学系の大学進学目指す人向けに紹介!歯科医の収入の相場とは?

研修医や若手の歯科医であっても高収入は得られるのか?

歯科医を目指す際、高収入が得られるのも1つの動機かもしれませんが、収入が多い場合はそれに見合う技術やスキルが求められます。最初に、歯医者の仕事内容を押さえておきましょう。

仕事内容は、虫歯や歯周病のような歯の病気治療や予防活動があります。時には福祉施設や学校に訪問をして、歯の健康管理を行います。特に開業医の場合は地域との繋がりはお客さんを得る以外に、欠かせない仕事となります。他にも抜歯や入れ歯づくり、矯正歯科や根管治療など仕事内容は多彩です。各種そつなく仕事ができる歯科医もいますが、矯正歯科治療など専門分野に特化した歯科医もいます。

歯医者で勤務をするなら、衛生士のような専門スタッフが在籍しています。患者さんの治療をする際、歯科医だけで行うのも可能ですが却って負担が大きくなりかねません。衛生士のサポートがあることで、患者さんに質の高い治療を届けられます。なお、衛生士は女性が多い傾向です。女性スタッフと上手にコミュニケーションを取れる以外に、安心感を与えられる歯科医が好まれやすいです。

歯科医として勤務を続けるなら、日々のスキルアップも1つの仕事です。文献や雑誌での研究も欠かせませんが、多くの歯科医は歯科医師会をはじめ学会に所属をしてスキルを高めています。時には発表を通じて知見を広げたり、学会での人脈形成を図っている歯科医もいます。また、学会所属するには入会審査があるので、所属をしていることでそれに見合うスキルがあるのが証明されます。その分、患者さんからの信頼を得やすくなります。

大学の歯学部に入るにはそれに見合う学力は要りますが、卒業後もスキルアップは欠かせない仕事です。高収入だけで歯科医を目指すのも良いですが、やりがいが見つからないと長く続けることは難しいでしょう。

このページのトップへ